MENU

Tonomachi Cafe とは?

羽田空港を間近にのぞむ殿町国際戦略拠点「キングスカイフロント」で開催されている小規模なサイエンスカフェです。
最先端技術に携わる研究者や事業家等の専門家にライフサイエンスに関連する最先端の話題を提供していただき、後半は参加者とのざっくばらんな意見交換を行うことで理解を深めます。同分野の研究者のみならず、多様な分野の方にお集まりいただき参加者同士の交流を深めていただくことで、多角的な発想を得るきっかけとなることを目指します。

殿町キングスカイフロントに立地する施設内で、毎回テーマを変えて開催いたしますので、ぜひ御参加ください。

殿町国際戦略拠点「キングスカイフロント」とは?

世界的な成長が見込まれるライフサイエンス・環境分野を中心に、世界最高水準の研究開発から新産業を創出するオープンイノベーション拠点です。この地域は「国際戦略総合特区」「特定都市再生緊急整備地域」「国家戦略特区」の指定を受けており、2019年6月現在で、ライフサイエンス分野を中心に60機関以上が敷地内に進出、国内でも有数の集積エリアとなっています。

<<詳しくはこちら>>

名前の由来:「キング(KING)」は、「Kawasaki INnovation Gateway」の頭文字と「殿町」の地名に由来しています。
「スカイフロント(SKYFRONT)」は、羽田空港の目の前という立地や、このエリアが世界につながっていることを表しています。

Tonomachiリサーチコンプレックスとは

科学技術振興機構(JST)の平成27年度新規事業である「世界に誇る地域発研究開発・実証拠点(リサーチコンプレックス)推進プログラム」に慶應義塾大学が中核機関として川崎市、神奈川県、横浜市、大田区の4自治体及び大学・研究機関(東京大学、東京工業大学、横浜市立大学等)、企業団体等(富士フイルム株式会社、CYBERDYNE株式会社)と共に提案した「世界に誇る社会システムと技術の革新で新産業を創るWellbeing Research Campus “Tonomachi”」が平成27年11月26日にFS事業採択をされ、平成28年9月29日に本採択されました。リサーチコンプレックスとは、地域において集積している研究機関、企業、大学等がそれぞれの活動を融合させ、世界の注目を集めるべく異分野融合による最先端の研究開発、成果の事業化、人材育成を一体的・統合的に展開するための複合イノベーション推進基盤です。同時にその拠点から誕生するシーズを新しいビジネスアイデアとし、速やかに実現に向かわせるための仕組みづくり、事業家の育成システムの構築も行い、「より魅力的な生き方(Wellbeing)」の実現に向けての国際的拠点となるべく一丸となって取り組みます。

<<詳しくはこちら>>