第23回 TonomachiCafe 2019年11月29日開催

 

テーマは「社会実装」。長年、可搬型人工腎臓などの研究開発、アカデミア発のシーズを社会実装に繋げるための取り組みを続けられている小久保准教授に、
海外展開も含めた自らの経験などを語っていただきます。 また第20回に引き続き、富士通研究所の交流ツール『Buddyup!』の試験導入も行います。メディテック・ヘルステック・ケアテックでの知見を深めたい方、産学連携のパートナーをお探しの方、ぜひお気軽にお越しください。

○開催概要

【テーマ】アカデミアシーズを社会へ届ける知見とは?
【講 師】小久保謙一 北里大学医療衛生学部 准教授

【企業紹介】角岡 幹篤氏 株式会社富士通研究所
(「タグ付け」交流ツール「Buddyup!」について)

【開催日時】令和元年11月29日(金)18:00〜20:15 (受付17:40〜)
17:40 受付開始/18:00 開始

18:00 – 18:30 企業紹介(「Buddyup!」説明・チュートリアル)
18:30 – 19:30 小久保氏 講演
19:30 – 19:45 質疑応答
19:45- 20:15 ネットワーキング
20:15       終了

【会 場】川崎市キングスカイフロントマネジメントセンター
川崎市川崎区殿町3-25-10
Research Gate Building TONOMACHI II-1A(1階)
【定 員】30名程度
【参加費】500円
【お申込締切日】令和元年11月27日( 水)

 

[メイン講演]アカデミアシーズの新しい治療法および治療装置の実用化を目指した研究開発から見えてきたもの
~ガス吸入治療や可搬型人工腎臓を例に~

アカデミアが見出した研究成果と医薬・医療技術の実用化の間には大きなギャップがある。そこを埋めてイノベーティブな技術を社会実装するために、現在、大学発ベンチャーへの支援プログラム、起業家の育成講座、エコシステムの構築といった取り組みがなされている。そういった中、我々もアカデミアシーズの新しい治療法や治療装置の実用化を目指した研究開発を進めてきた。本講演では、特にここ10年ほどで大きく研究開発が進展したガス吸入治療と可搬型人工腎臓を例に、開発の経緯や現在の状況、またそれらの研究開発を通して見えてきたものをお話したい。

[企業紹介]「タグ付け」交流ツール「Buddyup!」の試験導入について
今年度のTonomachi Cafeでは、講師や参加者同士の活発な意見交換や繋がりを更に加速させる取組として、富士通研究所で開発中の「タグ付け」交流ツール「Buddyup!」を試験導入します。本ツールは自分や他人を「タグ付け」することでイベント時やイベント後の「人と人の繋がり」を助けるツールとなっています。この新たな交流ツールの実証実験を研究開発拠点であるキングスカイフロントで行います。ご理解・ご協力の程よろしくお願いします。

 

○講師プロフィール

メイン講演:小久保 謙一(こくぼ・けんいち) 氏
北里大学医療衛生学部 准教授 早稲田大学理工学部応用化科卒、早稲田大学大学院理工学研究科修了(工学博士)、新潟大学自然科学研究科助手、北里大学医療衛生学部講師を経て現職。人工腎臓(血液透析)、人工肺などの物質移動を伴う人工臓器および生命維持装置の研究開発、食品の膜分離技術開発などに従事。それらの研究成果を社会実装するための取り組みも行っている。

企業紹介:角岡 幹篤(すみおか・もとし) 氏
株式会社富士通研究所。一般社団法人ONE JAPAN RM理事。イノベーションにつながるコミュニティの形成に関する研究に従事。ハッカソンなどの主催を通じて5年間で120以上のチームとプロトタイプを実際に生み出してきた。現在、このようなイノベーティブなコミュニティを無数に誕生させることを目指し、得られた知見をデジタルサービスとして提供する研究開発を行っている(Buddyup、ロボット幹事、3000projects)。

○アクセス

■電車でお越しの場合 京急川崎駅から京急大師線「小島新田」駅下車徒歩約12分

■バスでお越しの場合
JR川崎駅前東口バスターミナルより
16番のりば「川03浮島バスターミナル」行/ 20番のりば「急行 快速 浮島橋」行 ⇨「キングスカイフロント入口」下車
20番のりば「川02キングスカイフロント東」行 ⇨ 「殿町」下車

産業道路駅前バス停より(京急産業道路駅より道渡る)
「快速 産01 浮島バスターミナル」「急行 JXTGエネルギー浮島前」 ⇨ 「キングスカイフロント入口」下車

お申し込みはこちらから

お名前
ご所属(大学・機関)
連絡先メールアドレス
備考

 

お申し込みした方でキャンセルする場合は、下のメニューからキャンセル用のフォームにご入力ください。